遊ぶ、酔う、食べ歩く、日記
北京食堂


北京食堂
久しぶりに五泉地区でランチタイムとなり、どこにしようと考えてやはりこちらでいただく。
店の近くには昔、パン屋の栄軒があったらしく、店舗だった建物がそのまま残されている。

オムライス 600円
オムライス
丼に入ったオムライスで、量もそれなりにしか盛ってなく、値段の割にショボかった。
最近食べてるオムライスはケチャップだけで、たまにもデミバージョンを食べてみたい。

ケチャップライス
中身はケチャップライスで、鶏肉の代わりにこちらの店ではハムだった。
硬めの卵だったが、全体からしてこれが半熟卵だとバランスが悪いと思う。

小鉢
オムライスには珍しい小鉢だったが、これがまた秀逸で、帰り際に作り方を教えてもらった。

《御献立表》
外の看板が吹き飛んだのかなくなっており、初めての人は幟がないと何屋か分からない。
いつもいる女将さんの代わりに新人の店員さん?がいて、料理を運ぶ役目を果たしていた。
奥の小上がり席に座ると、皆がこちらを向いて食べてるので、舞台に上がった役者の気分に。

■過去の記事■
(その1)
(その2)
(その3)

【北京食堂】 地図
営業時間 11:00~22:00
定休日 日曜日

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト





テーマ:オムライス ジャンル:グルメ
2013⁄02⁄01 00:00 飲食(下越) コメント(6) トラックバック(0)












コメント



>ベルーガさん

この小鉢に目を奪われる人が多いこと!
僕のその一人でしたが。

後で聞いたところ、ただの味付け数の子だそうです。
生姜入り醤油味だった気がしますが、それは美味しかったです。

さすがは新年早々に出てくるお祝い小鉢でした。
(2013/02/02 09:28) URL | 管理人[ 編集]


私もひたし豆と数の子の小鉢に目をうばわれました。

新潟でも私が子供の頃などは結構ポピュラーに正月の頃には登場しましたが、数の子がはいった物は初めて拝見しました。

味付けは、生姜醤油ではなかったですか?
さっぱりしていて酒のツマミ的な存在だと思います。
(2013/02/02 08:46) URL | ベルーガ [ 編集]


>トトゴンさん
こんばんは。

僕も最初にこの小鉢に食いつきました~(笑
さすがは新年早々の料理です。
通年でこんな数の子とかを出していたら、とっくに潰れていますね。

これって山形で良く見られる物なんですか?
美味しくて作り方を教えてもらいました。

数の子が高くて未だ作っていませんが、価格が落ち着いたら作ってみたいと思います。
(2013/02/01 21:52) URL | 管理人[ 編集]

小鉢・・・
小鉢に食いつきました。

山形県のおせちで良く見る物ですね。
青豆数の子、ひたし豆数の子なんて呼ばれていま
した。
新潟もひたし豆販売品を見るようになったけど、
数の子を和えた物を小鉢でお出しするとは、
ちょっとビックリしました。
(2013/02/01 19:24) URL | トトゴン[ 編集]


>まささん
こんにちは。

女将さんの出前専門カーがあるほどで、たまに店内で見掛けますね。

新人さんは、恐らく息子さんだと思われます。
行ったのが新年早々だったので、今現在いるのかは不明ですが。

大将は作るのに必死で、あまり店内には出てきませんね。

あの独特の“間”が好きで僕も通っていました。
仰る通り、全く仕事もしないでテレビや新聞ばかり読んでる店があるのも確かです。
(2013/02/01 10:45) URL | 管理人[ 編集]


おはようございます。
このお店、即に100回行っていますが
一度も女将さんに会った事が有りません。
新人さん??
お昼時はパチンコ帰りに
飲んで帰る人が多いらしく
ある意味その人たちのオアシス。
こちらの店主、積極的に
常連さんの話しに首を突っ込まないで
丁重に料理を続けるので
好きです。
中には競馬新聞に熱中して
パート任せの店主も居ますから。
(2013/02/01 10:19) URL | まさ[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL:


| HOME |

プロフィール

てぃおん

Author:てぃおん
遊んで、酔って、食べ歩いています。
ポチっとしてくれると、喜びます。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ


カウンター


オンラインカウンター


最近の記事


カテゴリ


バックナンバー


コメント


トラックバック


リンク


ブログ内検索


QRコード

QRコード

RSSリンクの表示


ブロとも申請フォーム




Copyright © 2017 遊酔食探訪. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin