遊ぶ、酔う、食べ歩く、日記
中国四川料理 喜京屋


中国四川料理喜京屋
以前入ってマーボー系を食べ、白旗を揚げてしまったこちらの店でランチをいただく。
場所的にいいのか客足が途切れず、老若男女を問わず常に満席状態が続いている。

汁なしタンタン麺 700円
汁なしタンタン麺
外は蒸す状態の日だったので、熱いスープなしの方がいいと判断し、汁なしを選ぶ。
良く混ぜてから食べるが、辛いことに変わりはなく、伸びないので時間を掛けて食べた。

麺
そのまま食べるよりも、酒のつまみにした方が良さそうで、冬の寒い時期にもいい。
最近主流のプラ箸だが、今回のような油そばには不向きで、割り箸があって助かった。

《メニュー1》 《メニュー2》
複数で訪れる客も多いが、女性一人客もいて、近くで働くショップ店員も多い。
新聞や雑誌なども完備してあるので、そこが一人客が多く訪れる、人気の理由。
フリーペーパーが市内に置いてあり、こちらの店はドリンクが無料になる特典です。

【中国四川料理喜京屋】 地図
営業時間 11:00~21:30(LO20:55)
定休日 火曜日

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト





テーマ:担々麺 ジャンル:グルメ
2013⁄07⁄22 00:00 飲食(長岡) コメント(6) トラックバック(0)












コメント


きょせんさん
長岡駅前にいて、こちらの店を選択するとは粋ですね。
そして炒飯を食べるとは、これできょせんさんも立派な中越人です(笑)

麻婆豆腐に人気があったと思いますが、昼のランチにも人気があります。

駅近くにも関わらず駐車場もあるので、人気の理由です。

次回は駅裏の方にも訪れてみてください。

安くて美味しい店が目白押しです。
(2013/08/06 08:47) URL | 管理人[ 編集]


 先日、長岡駅前に会議があったので、同じ並びのボアレと喜京屋で迷いましたが、ボアレが準備中だったので喜京屋へ(^o^)

 暑かったので激辛麻婆も魅力的でしたが、午後からの仕事を鑑み、炒飯を選択しました。

 パラッパラで美味しかったですよ(^o^) 店の赤い外観と、麻婆のイメージから濃いめを想像しましたが、ごく普通の味付けでした。

 ここで麻婆を頼むときは、それなりの覚悟が要りそうですね(^o^)
(2013/08/05 18:17) URL | きょせん[ 編集]

ドリwさん
こんにちは。

やはり長岡では有名な店なんで、みなさん訪れてますね。
それにほとんどの方が、麻婆豆腐を一度は食べています。

最初は辛くて死にそうになりますが、次回からリピーターになる人も多いとか。

見附の東華飯店にも同様の麻婆豆腐がありますので、安価で楽しむならオススメします。

以上回し者でした(笑)
(2013/07/24 08:57) URL | 管理人[ 編集]


こんばんは。ココ行きましたよ!

陳麻婆だったかな?恐ろしく山椒の効いた麻婆豆腐で残してしまいそうだったけど、根性で食べました。汗が止まりませんでした・・・

本格派?の麻婆豆腐を食べるなら良い店だと思います。
(2013/07/23 20:55) URL | ドリw[ 編集]

よしるるさん
こんにちは。

今の時期、辛いのが食べたい人がいると、こちらの店をオススメしますね。
特に麻婆系はしばらくの時間、舌が麻痺しますので。

同じ様な感じでもう少し安価で食べたいのなら、見附の「東華飯店」をオススメします。
安くてほとんど同じ麻婆豆腐が食べられます。

割り箸の件も、あえて割り箸用に、立派な元気の木を伐採するわけではないのです。

元気な木にも大事な、間伐材で作っているのだからいいことをしてるわけです。

別にエコでもなんでもないと思うのです。

そのプラ箸を洗うために使う水の方が、地球環境に害を与えてると思いますが。

ただ単にエコの名を借りて、セコイ商売してるだけにしか感じません。
(2013/07/23 08:47) URL | 管理人[ 編集]


こんばんは。
自分はかつてこれで、会話が?になるくらい痺れました。(笑)懐かしい画像でした。
割り箸の件は、激しく同意です。
(2013/07/22 22:53) URL | よしるる[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL:


| HOME |

プロフィール

てぃおん

Author:てぃおん
遊んで、酔って、食べ歩いています。
ポチっとしてくれると、喜びます。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ


カウンター


オンラインカウンター


最近の記事


カテゴリ


バックナンバー


コメント


トラックバック


リンク


ブログ内検索


QRコード

QRコード

RSSリンクの表示


ブロとも申請フォーム




Copyright © 2017 遊酔食探訪. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin