遊ぶ、酔う、食べ歩く、日記
中国料理 宝龍


中国料理宝龍
市役所近くに店を構え、お昼時は出前が忙しく、夕方は仕事帰りの客で賑わった。
時代の流れなのか市役所への出前も少なくなり、裏道にあったのも影響し閉店した。

ラーメン 600円
ラーメン
なぜか懐かしさを感じる一杯で、知らない人に良く間違われる背脂入りではない。
いろんなメニューがある中でも、やはり懐かしさを求め近所の人が食べに来ていた。

焼餃子 480円
焼餃子
にんにく臭が強いのでいつもはセットで頼まないが、この日はなぜか頼んだ。
特別何がどうしたわけではないが、この普通さがまた頼んでしまう魔力がある。

メニュー
母と娘で切り盛りしており、いつも店内で酒盛りをしているのが印象的だった。
そんな店も今では更地になり何事もなかったように、人の記憶からも消えていく。

商品と価格は当時のものです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト





テーマ:思い出の味 ジャンル:グルメ
2014⁄09⁄02 00:00 記憶の一枚 コメント(0) トラックバック(0)












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL:


| HOME |

プロフィール

てぃおん

Author:てぃおん
遊んで、酔って、食べ歩いています。
ポチっとしてくれると、喜びます。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ


カウンター


オンラインカウンター


最近の記事


カテゴリ


バックナンバー


コメント


トラックバック


リンク


ブログ内検索


QRコード

QRコード

RSSリンクの表示


ブロとも申請フォーム




Copyright © 2017 遊酔食探訪. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin