遊ぶ、酔う、食べ歩く、日記
龍華亭


龍華亭
久しぶりに背脂中華が食べたくなり、中華亭と迷った挙げ句、車が少なかったこちらへ。
今回も店員の数が多く、席を決めるにしても店側の都合だけで客に一切の選択権はない。

中華そば 650円
中華そば
煮干したっぷり背脂中華で、注文時何も言わないとこんな感じの背脂の量で出てくる。
厚いチャーシューが食欲を掻き立ててくれるが、ロース肉なので食感が硬く噛み切れない。

麺
ここは客が溜まるのを待って一気に作るので、運が悪いと出てくるまで時間が掛かる。
この一杯は完全にそれに当たったようで、後から来た客の方から先に提供されていった。

《メニュー表1》 《メニュー表2》
この手のラーメンは、どこも右にならえって感じの値段で、どちらの店も強気な値段設定。
特に燕市内はそれが顕著に表れているので、公取委の見解を聞いてみたいとマジで思う。
恐らく飲食組合での話し合いで決めると思うが、ここまで強気だと逆に清々しいとさえ感じる。

■過去の記事■
(その1)

【龍華亭】 地図
営業時間 11:30~14:30
       17:30~21:00
定休日 月曜日

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト





テーマ:中華そば ジャンル:グルメ
2012⁄12⁄17 00:00 飲食(県央) コメント(4) トラックバック(0)












コメント



>ひげさん

やはりどこにでもあまのじゃくがいるもんで、燕にも杭州否定派の店があります。
そこからの情報では、背脂ラーメンを出してる店は杭州基準に値段を決めるそうです。

だからたとえ自分の店は500円でもいいと思っても、回りから600円くらいにしろとの指示があるそうです。

裏で闇カルテルを結ばれてると何だかバカらしくなってきますね・・・
(2012/12/18 10:00) URL | 管理人[ 編集]


多様化してる時代の中・・・
新しくて安くて美味い店が出来ればいいんだけど・・・
県央にも!(笑)

反対票は・・・客の数でしかないから・・・
行かないという事だけが意思表示。

その変動があれば動きがあるかもだけど・・・
ちっと難しいかもですね。。。

大雑把に!
燕はステンの町
三条は鉄の町といった背景も
値段のどこかに影響してるかも・・・?
(2012/12/18 09:33) URL | ひげじじぃ。。。[ 編集]


>しばっち2さん

以前、燕市内の飲食店から聞いたことがあります。
やはり杭州の値段(750円)が参考になっていて、それよりも安ければいいとの考えでした。

値段はそれぞれの人の価値観だと思います。

僕は不味いとは思いませんが、背脂にあの値段は価値がないと思う派ですので。
(2012/12/17 18:37) URL | 管理人[ 編集]


そうか!それで値段が横並び!しかも高い!でも旨いからたべてしまいますねぇ。
(2012/12/17 17:51) URL | しばっち2[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL:


| HOME |

プロフィール

てぃおん

Author:てぃおん
遊んで、酔って、食べ歩いています。
ポチっとしてくれると、喜びます。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ


カウンター


オンラインカウンター


最近の記事


カテゴリ


バックナンバー


コメント


トラックバック


リンク


ブログ内検索


QRコード

QRコード

RSSリンクの表示


ブロとも申請フォーム




Copyright © 2017 遊酔食探訪. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin